アンチエイジングと気をつけたいシミ対策

アンチエイジングのことを考え、シミ対策をしている人は少なくないと思います。シミもそれからシワも加齢が原因で生まれるものではありますが、何より最大の敵は紫外線やお肌の乾燥だといえます。ですから日焼け予防や、保湿ケアというものはとても重要です。
敏感肌のための目的別ケアガイド〜美白・保湿・ニキビ〜

これからする話は知人が話してくれたシミの話になります。彼女はアンチエイジングを意識して、角質除去に長けたスキンケア用品を愛用していたことがありました。それは保湿にもあっていたようで、当時の彼女のお肌はモッチリ肌で、彼女自身も満足していたようです。

ですがある日鏡を見た彼女は、鼻の天辺に目立つシミが生まれていることに気付いていたそうです。心当たりのあることは、スキンケア商品位しかなく、彼女は今までの行動を見直しました。なぜシミが出来てしまったのか、そこからですね。

利用しているスキンケア商品は角質除去に長けているもの、ですが角質を取り除くというのは逆にいうと、肌がとてもデリケートな状態になっている、ということにもなります。彼女もそれを知っていたので、外に出かける時は必ず日焼け止めを利用していました。また使用しているメイク用品は、日焼け止め効果があるものを選んで使っていたといいます。それなのになぜ…?

実はそれには彼女のあるクセが関わっていました。元々彼女には鼻の頭を指で触れてしまうくせがあったのです。いくら日焼け止めをばっちり塗って出かけたとしても、鼻の天辺に指先で触れ、日焼け止めを無意識のうちにとってしまっていたらUVケアも水の泡になってしまいます。彼女は日焼けがっきっかけで、シミが生まれていてしまっていたのです。

その後シミ改善のためのスキンケア商品を利用したと言いますが、思ったような効果が出なかったそうです。結局今まで使っていた角質除去のスキンケア商品は利用をやめて、他のスキンケア商品に切り替えたと言います。

その後シミは薄くなり目立たなくなりましたが、スキンケア商品も使用方法を誤ってしまうと、効果がでないどころか恐いことになってしまうのですね…。

角質を取るとお肌はつるつるで気持ちのよい触り心地になりますが、だからといって毎日利用すると、お肌にダメージを与えてしまうことにも繋がります。アンチエイジングを意識するのであれば、正しい使用方法を守り、やりすぎないということを考えてください。

アンチエイジングとお肌に良い洗顔剤の関係

アンチエイジングにとって重要なスキンケアのひとつに、「洗顔」が挙げられます。元々「正しい洗顔」はスキンケアにとってとても大切なものです。

ですが「正しい洗顔」というものを知らない人は案外多いと言われています。もちろん「泡はしっかり立ててます。ごしごし洗いなんてしてません」という人もいるでしょう。ですが洗顔剤を重要視している人は、もしかしたら余り多くはいないかもしれないですね。

「スッキリ洗えればどんな洗顔剤でも構わないのでは?」「むしろ皮脂を落としすぎないように水だけでいいのでは?」という考え方もあるかもしれません。ですが個人的には、重い乾燥肌の方以外だったとしたら、洗顔剤に選びにももう少しこだわりを持ってもいいのではないかと思うのです。

元々お肌は水分や皮脂をキープして、外敵から守る機能を持っています。とはいえお肌自体が自分で出来ないこともあります。それが汚れを落とし、清潔にキープする、ということなのです。皮脂や埃などが混ざった汚れは、水だけでは落とすことは難しいでしょう。

乾燥肌タイプの方も皮脂は分泌されています。正しいケアが出来れば、お肌も応えてくれるでしょう。そのために正しい洗顔を行うということは、アンチエイジングのスキンケア視点から考えてもとても重要なことなのです。

では、洗顔料をどのように正しく選んでいけば良いのでしょうか。洗顔剤の価格、というのは多少なりとも目安にはなります。お店やネットなどで洗顔剤を確認してみると、価格帯は幅広いです。数百円から一万円台のものまで存在します。

これは洗顔剤に含まれている成分によって変わってくるようです。安価の洗顔剤でもそこそこ汚れを落とすことはできますが、スキンケアを考えた時にはリスクが高いことも少なくありません。安価でのお肌に良い成分が入っていることもありますが、良い成分は高価なものが多いのも確かです。

洗顔剤を選択する際には、美肌成分が配合されているものを選ぶようにしてみてください。もしかしたら、美肌成分が入っていても、洗顔時の一瞬でお肌に浸透されるはずがない、そう思う人もいるかもしれません。

ですが洗顔剤に配合されている潤い美肌成分というのは、お肌に水分を浸透させる役割があるわけではないのです。お肌の潤いをキープしながら汚れを取っていくものだと考えてください。

美肌成分の入っていない洗顔剤でお顔を洗うと乾燥を感じたり、お肌が引きつるような感覚がありますが、それは水分が角質層を乱してしまっているからです。角質層が乱れてしまうと、皮脂と汚れ以外にも、潤い成分まで逃げ出してしまうでしょう。ですから洗顔剤を選択する際は、中に潤い成分が含まれているかどうかをしっかりチェックしてから購入してくださいね。

アンチエイジングは自分のペースで

先日子育て中のアトピーの方とお話する機会がありました。彼女は二十代後半、アンチエイジングに対して興味を持っているようでしたが、元々目の下にシワが出来てしまっていることが、ずっと悩みだったようです。

なぜシワが出来てしまったのかというと、これは彼女なりの見解ですが、アトピーのためのステロイド系の薬を利用し続けていたこと、そして乾燥肌タイプのお肌だということが問題だったのでは、ということでした。

今はステロイドの副作用なども問題視されていますが、以前はそれほどピックアップされることもなく、何も疑問に思わず使い続ける人が多かったと聞きます。更には乾燥肌のために、下瞼の部分に小さい頃からシワが生まれてしまっていたのだそうです。そのシワと一緒にクマも目立ち、若い頃からコンプレックスに感じていたとか…。

コンプレックスというのは年頃になるとますます大きな悩みになってしまいますよね。20歳を過ぎた頃には、その小さなシワが増えて来たように感じてアイケアを始めたそうです。

何もしないままだとどんどんシワが増えてしまうのではないか、今のお肌をキープできるように、もしくはお肌の老化を少しでも遅らせることができるように…まさにアンチエジングでしょう。

もちろんすぐに効果は出なかったようですが、まずは下瞼部分にパックをしてから、お顔全体にパックをする、という方法を続けて来たと言います。

気付いた時に行うのが無理のない特別なスキンケアだと思うのですが、その方法を続けていくうちに、今はノーメイクでも「疲労顔」に見えなくなったと笑っていました。20歳頃は、下瞼のシワのせいで、年齢よりも随分上に見られていたようですが、最近そんな事もなくなったそうです。

小さなお子さんの子育て中の女性の場合、毎日のスキンケアもなかなか大変なことだと思います。でもそのまま何もしないでいると、お肌はどんどん年齢を重ねていってしまいますよね。先にも書きましたが、毎日パックをしないといけない、ということではありません。

1週間に1度だけでも構いませんので、育児の合間などに特別なお肌のケアを続けてみてください。無理に頑張ってしまうとスキンケアにも疲れてしまいます。ご自分が続けられそうなペースで、アンチエイジングのためのスキンケアを行っていきましょう。

このページの先頭へ